ハンブルグ:おすすめ観光スポット・見どころ!マルクト、教会など

ドイツ、ハンブルグ旅行のおすすめ観光スポット・見どころを紹介していきます!有名なマルクト、美しい運河沿いを散歩し、ハンブルグの象徴であるミヒャエル教会、古い歴史のあるニコライ教会、美しい市庁舎、アルスター湖のクルージング観光、ショッピングも、食事も1日でたっぷり堪能してきました!ドイツの港町であるハンブルグは海の風が心地よく、散策にはとても良いエリアでおすすめです。

目次

ハンブルグ観光おすすめスポット

ドイツ人の友人(違う都市に住んでいる子)複数人におすすめを聞いて、プランを立てました!大きな移動以外は、徒歩で移動しましたが、ドイツは電車もバスもとても便利なのでうまく使って回るのもよいとおもいます😊

回った順に書いておきます😊

  1. イーゼマルクト
  2. 聖ミヒャエル教会:St. Michael
  3. 運河鑑賞できる橋(Michaelisbrücke)
  4. ハンブルグ市庁舎:Rathaus(Hamburg Town Hall)
  5. 聖ニコライ教会:St. Nikolai Memorial
  6. アルスター湖でクルージング
  7. ショッピング・カフェ

持ち物・服装

9月後半のハンブルグの気候は、薄手の長袖+αがちょうど良いくらいで、ベルリンより少し涼しい感覚でした⚓️港町だから風が強いので、羽織物などがあると便利です☺

私たちはスーツケースをホテルに荷物置かせてもらって、いざ観光!

Travel×Girl♡国内/海外旅行ブログ...
ハンブルグ旅行:Sleephotelsの宿泊レビュー!安いホテル ドイツ、ハンブルグへの旅行で宿泊した「Sleephotels」について、ホテルレビューを書いていきます。部屋の…

トイレ

日本以外の国ではあるあるですが、日本のようにコンビニなどで気軽にトイレに入れるわけではないので、出発前のホテルや飲食店へ行った際など、行ける時にトイレを済ませておきましょう!

ハンブルクの世界一大きい野外マルクト

ドイツ、ハンブルグでは「マルクト」=マーケットがおすすめ😊なかでも、「フィッシュマルクト」が定番の観光スポットですが、私が訪れたのは「世界で一番大きい野外マーケット」=「イーゼマルクト」です。

ハンブルグ:おすすめ観光スポット・見どころ

色とりどりできれいなお野菜など、地元の食材がたくさん並んでいます🍌🍏🍎🍇🍠

地元のひとばかりで、みなさんとても優しくて…!一眼レフを持っていたためか、旅行者だとすぐわかったみたいで、 Where are you from? などと話しかけてくれたり、 Try it! といって味見させてくれたり…😊やさしくてあたたかい人ばかりでした💞

 

あわせて読みたい
ハンブルグ観光:イーゼマルクト〜世界最大の野外マーケット〜 ドイツ、ハンブルグ旅行で観光におすすめのスポット、イーゼマルクトへ行きました🇩🇪💕店舗数なんと平均200店舗、世界最大の野外マーケットで、...

人気の高級住宅街らしく、 街並みもとってもきれいでした。

ハンブルグ港付近

電車で港の方に戻り(Bahnhof Hamburg Landungsbrücken駅)、 港沿いをしばらく歩きました。いくつも船が停泊しており、ミュージアムなどもあります。そんな景色をみながら、海風が気持ち良く、散歩に最適でした😊

Ditmar-Koel-Strabeという通りをいくと、飲食店が並んでいるので休憩するにも最適です😊

そのまま進むと、Michelwieseというとてもきれいな公園に突き当たります。この公園を通って有名な St. Michael へ向かいました⛪️

ハンブルグの象徴:聖ミヒャエル教会

聖ミヒャエル教会は、17世紀に建てられました。火災で2度全焼、かつ第二次世界大戦の際にも大打撃を受けたものの、毎度復活を遂げ、地元民に愛され続けている教会です⛪

130mほどの高さもあり、ハンブルグの街どこからでも見れる街のシンボルにもなっているそう。航海から帰ってきた船乗りたちにとっても、ハンブルグの象徴として親しまれていたそうです♪

聖ミヒャエル教会は、他の4つの中央教会(ニコライ,ペトリ,ヤコビ,カタリーネン)とは違いバロック建築です。

聖ミヒャエル教会の見どころ

  • 教会の入口にある大天使「ミカエル」の銅像
  • 見晴台から見えるパノラマビュー
  • 「ヤールタウゼントグロッケ」(ミレニアムベル)を備えるドイツ最大の時計カリヨン
  • 毎日朝10時と夜9時のトランペットソロ演奏
  • 正午の15分のオルガニストによる演奏
  • 地下の大聖堂

St. Michael’s Church

 

橋から運河鑑賞

その後、また歩いて運河をみるために、Michaelisbrücke という橋へ⭐️☄️☄️⚓️

運河のそばでランチ

近くのレストランでご飯をたべました。私が行ったレストランを載せておきますが、いくつか飲食店があるので、気になるところをさがしてみてください♪

ランチ後、市庁舎のほうへ向かいました😊💓💓

ハンブルグ市庁舎(Townhall)

絶対に行きたかった、ハンブルグ市庁舎は、とーってもきれいでした。色合いも、ネオルネサンス様式の建物もすごくすごく気に入りました!高さは112mあります。

ハンブルグ市庁舎の歴史

旧市庁舎が1842年の大火事により焼失してしまい、立て直しの建設は1886年に開始→新しい市庁舎は1897年に使われ始めました。

1971年に偶然新しい部屋が発見され、現在647室あるとされています。さらに多くの部屋がある可能性があるそうです☺

戦後には、エリザベス二世女王を含めさまざまな国家元首が訪れました。

ハンブルグ市庁舎の入場料

大人(14歳以上)4€、14歳以下無料

ハンブルグ市庁舎の見どころ

  • ラーツヴァインケラー(地下にある有名なレストラン)
  • バルコニーの上にある街の紋章&モットー(ラテン語)
  • 中庭にある噴水

Rathaus(Hamburg Town Hall)

そのあと近くにある聖ニコライ教会へ♪

ハンブルグ観光:聖ニコライ教会

聖ミヒャエル教会と同様、ハンブルグで歴史ある有名な教会です。ベルリンのカイザー・ヴィルヘルム記念教会と同様、戦争の痛ましい記憶をそのまま残しています。展示もあります。

聖ニコライ教会の歴史

1195年、約300人を収容できる約12 x 26mの小さな礼拝堂をが建てられました。その後、何度にもわたって拡大されました。1656/57年に高さ約128mに達し、スリムなバロック様式となりました。

1842年に大火事があり、その後、市民運動も起きて立て直されることになりました。1874年に完成した当時、147mの聖ニコライ記念碑の尖塔は世界で最も高い教会の塔でした。バロック様式だったニコライ教会はこの立て直しにより、英国人建築家ジョージ・ギルバート・スコットによるネオゴシック様式となりました。

しかし第二次世界大戦中、イギリス軍の「ゴモラ作戦」により標的になり、再度打撃を受けました。戦後、破壊や立て直しなど様々な案があがったものの、最終的に記念碑として残されることになりました。

聖ニコライ教会の見どころ

  • 塔からの景色
  • 記念博物館(地下)

St. Nikolai Memorial

アルスター湖でクルージング

それから、アルスター湖でクルージングをしました🛳 クルージングチケットは、€20くらいでした😊

1時間くらいかけてぐるっとまわります。

現地の小学生、中学生、高校生、大学生などが ボートクラブ🚣‍♀️、ヨットクラブ⛵️、 パドリングなどを楽しんでました😌😌大自然の中をゆっくりとクルージングしてとても癒されました💓

都会なものの、自然が多く、 こんな環境で子供を育てたい、と 心から思うほど素敵な場所でした!

ハンブルグのカフェでスイーツ

歩き回って疲れちゃったのでベーカリーでスイーツをたべました。ドイツ名物?ともいわれる光景、ケーキにフォークが刺さってました(笑)

ハンブルグでショッピング

ちょっぴりショッピングもしました👗🎶下記のエリアにお店がわりと集中していて、歩いて買い物している人が多い印象です。私も歩き回っていました😊

  • Jungfernstieg 駅周辺
  • Hauptbahnhof Nord 駅周辺

市庁舎で夕焼けをみて、 タクシーでホテルへ戻りました。ハンブルクは、ベルリンよりも少し落ち着いた印象でした😊

目次
閉じる