FRANCE

《モンマルトル》サクレクール寺院、ジュテームの壁〜行き方・治安は?

昔パリに住んでいたという知り合いからおすすめしてもらって行こうと決めていた、モンマルトルの丘😌

パリ初日、15時半ごろにホテルについたのでそこからモンマルトルエリアへ向かいました!

ジュテームの壁

ジュテームの壁とは?

310以上の世界中の言葉で「i love you」が書かれた壁です。

なんと高さ4メートル、幅10メートルもあります。

もちろん日本語も書いてあり、「愛しています」「大好き」などがありました💓

周りには小さな公園があり、それ以外は何かあるわけではないです。
写真を撮って、サクレクールへ向かいました🚶🏻

ジュテームの壁への行き方・最寄駅

まずはホテルの最寄り駅Rennesから12号線でAbbesses駅へ🚇

駅の出口を出たらすぐにジュテームの壁があります😄

 

モンマルトル、サクレクール寺院

ジュテームの壁から、いかにもパリらしい小道を歩いて7分くらい、サクレクールにつきました!

モンマルトルとは?

パリで一番高い山であるモンマルトルは、「殉教者の丘」が由来だそうです。

長い間、パリから独立した村でしたが、19世紀半ば、ナポレオン三世の指示によりパリ改造が行われ、パリ市民の移転先のひとつがモンマルトルだったそうです。

観光客に大人気!パリを一望できる場所

サクレクール寺院の手前には階段があり、階段の下からも上からもパリ市内を一望することができます。

階段に座って、景色を楽しんでいる人や休憩中のひとなどたくさんの観光客がいます。

パリの景色が一望できちゃうのでお天気がいい日にぜひ訪れてください😌

サクレクールの中は撮影禁止です。
ご自身でぜひみにいってみてくださいね♪

モンマルトルへ行く際の服装について

モンマルトル周辺はなんといっても坂道が多いです。

サクレクール寺院へも階段を登らなければいけないので、フラットシューズかスニーカーがおすすめです👟

私は、ショルダーの小さめバックを前に持ち、さらに首から一眼をぶらさげてました。

モンマルトルの丘エリアの治安

治安に関しては、テロのあとだったため、銃を持った兵隊さんたちが大勢おりました。

いてくれることへの安心感と同時に、テロ後で警備強化しているのかなあ…と少し怖くなりました。

また、サクレクールの階段には、物売りの人がたくさんいます。セルカ棒やお土産品などを引っさげていました。

声かけられたりしても、「no thanks」とハッキリ伝えれば、それ以上しつこくされることはありませんでした。

ただ、無理やりミサンガをつけられてお金を請求してきた、等も聞くので気配を感じたらすぐに対処したほうがいいですね。

 

サクレクールから、テルトル広場、ムーランルージュへ向かいました。
続きは次の記事で😊

6+
ABOUT ME
Travel Girl
Bilingual Traveler who loves to talk with local people at each place.
Contact