California

フィリップ・ザ・オリジナル!LA名物フレンチディップ発祥のカフェレストラン

la_philippe-the-original

アメリカ、ロサンゼルスにあるおすすめのレストランです😊フレンチディップというサンドウィッチ発祥のカフェともいわれており、毎日お昼時には大行列ができるほど大人気!LAに旅行で訪れた際などにぜひ行ってみてください。

フィリップ・ザ・オリジナルとは?

1908年にオープンした「フィリップ・ザ・オリジナル」。もともとあった場所から、現在のチャイナタウンへ移動していますが、カフェ自体の歴史はとても深いです。

カウンターでのオーダー&支払い

自分の順番がきたらカウンターでオーダーをして、そこで支払いをします。オーダーしたものもその場で受け取ります。これは昔から変わらないスタイルなんだそう😊

待ち時間は?

お昼時は避けたほうがいいという情報があったため、12時前後を避けることにしました。

私たちがついたころ(休日のお昼2時)、まだ行列が…!!休日だったせいもあるとおもいますが、約30分待ちました😢

フレンチディップとは?

フレンチディップとは、パンを肉汁にひたして食べるサンドウィッチのこと。LA発祥のロサンゼルス名物フードです😊

フレンチディップ誕生ストーリー

フレンチディップは実は偶然の産物だそう。

フィリップにきた警察官のオーダーを作っていた店主が、誤ってフレンチロールを肉汁に落としてしまいました。そのパンでいいと言い、その肉汁に浸かったパンが使われたサンドウィッチを食べた警察官が、おいしくて翌日他の警察官を連れて戻ってきたそう。そこから話題になったとか。

Philippe VS Cole’s

ただ、LAにある「Cole’s」というお店も「元祖だ」と言っているそうで、いまではどちらが”元祖”かわからないそうです。

フィリップ・ザ・オリジナルのおすすめメニュー

実際に訪れて、食べてみておいしかったものを紹介します💕

フレンチディップ

やっぱりフレンチディップはマストトライ💕私は、下記のようにオーダーしました。

  • ビーフフレンチディップ
  • フレンチロール(パンの種類)
  • ダブルディップ(ディップの程度)
  • スイスチーズ追加

追加で「Au Jus(肉汁)」を頼めばよかったなあと思ったので、もしたっぷりとフレンチディップを楽しみたい方は、追加でオーダーしてみてください😊

夫は、ハムを頼んでいましたが、私のビーフサンドウィッチを食べて「ビーフのほうがおいしい」とのことでした(笑)

私もハムを食べましたが、ハムはハムの味が強めだと感じました。

お肉の種類

ビーフ、ポーク、ラム、ハム、ターキー、パストラミがあります。

パンの種類

フレンチロール、ウィート(全粒粉)、白パン、ライ麦、サワードウから一つ選びます。

ディップ

パンをどれくらいディップするか?選ぶことが出来ます。シングル(1回)、ダブル(2回)、Wet(多め)とあります。Wetは食べづらそうだったので、ダブルにしました。

チーズ(別料金)

別料金かかりますが、チーズを追加したい場合は、アメリカンチーズ、スイスチーズ、チェダーチーズ、ジャックチーズ、ブルーチーズから選択できます。

デザート:カスタード

冷たいカスタードプリンは、少し硬めで甘すぎず、とてもおいしかったです💕

パイなどが好きな方は、パイも人気なので試してみるのもよさそうです😊

ドリンク

フィリップはドリンクがとっても安いんです😊コーヒーは50セント以下、アイスティーやレモネードも1ドル以下。

せっかくなので普段、水ばかり飲んでいる私たちもドリンクをオーダーしました。

  • アイスティー:甘くないアイスティーでおいしい!
  • レモネード:ちょっと薄い気がしました。

ちなみに、ウォーターサーバーもあるので水は自由に飲めます。

Philippe The Original


LA名物のフレンチディップを、発祥のお店で食べることができて大満足😊お店の人もとてもやさしくて、並んだ甲斐がありました。

そのうちCole’sも行ってみたいなとおもいます。

ABOUT ME
Travel Girl
日本国内・海外問わず、旅行が大好きです♡ 【旅行経験】日本:42/47都道府県、アメリカ:10/50州、ドイツ(ベルリン・ハンブルグ)、フランス(パリ)、メキシコ(カンクン・トゥルム・バジャドリド)、タイ(バンコク・プーケット)、フィリピン(セブ島・ナルスアン島)、インドネシア(バリ)、台湾、中国(香港・マカオ)
error: Content is protected !!